2007年08月08日

イントラレーシック手術当日A

手術控え室に到着。
そこは手術室とガラス一枚で隔てられており
手術の様子が丸見えとなっている。
丁度自分の前の方がイントラレーザーでフラップ生成中。
点眼麻酔を受けて視界がぼやけてるのであまりよく見えないが。
ってか生々しいのはあまり見たくないので目を逸らす(笑)

前者のフラップ生成が終わり、自分の名前が呼ばれる。
いよいよ手術室に潜入や!!

このイントラレーザーによるフラップ生成の事前説明では

白いプラスチック製(だと思われる)開眼機を目にはめ込む。

開眼機を目にはめ込んだ後、レーザーを照射する筒が下りてくる。

この筒と白い開眼機が合体!

眼球を吸い上げ、筒の先端に有るガラス面に密着させる。

レーザー照射でフラップ生成(レーザー照射の時音は出ない)

ってなかんじで事前説明では聞いたが実際のところはというと



ベッドに横になる、医師からこちらを向く様に指示が出され、言われるがままに医師のほうを見る。

白いプラスチック製(だと思われる)開眼機を目にはめ込む。
このとき、「あー目ン玉剥かれてんんだな〜」と解る圧迫感は有ったが、これといった痛みは無い。

レーザーを照射する筒が下りてくる。
カチッ
って音がすると共に、自分の眼球がピコっと吸い上げられるのは何となく解った。
レーザーを照射する方の目は真っ暗で何も見えない。
医師が
「レーザー照射開始しまーす」
「はい、後50秒・・・45秒・・・・40秒・・・」
と、丁寧にカウントしてくれるが、無音なので何が起こってるかサッパリ解らない。
本当に何かされてるの?って感じ。
でも、カウントは滞りなく進んでいく。

はい後10・・・・5・・・・・はいっ、終了でーす。

あっという間に片目終了。

その後、もう片方の目でも同じ事をしてフラップ生成手術は終了。

ただ目ン玉吸い上げられただけで、本当にフラップできてるのか!?ってぐらい実感無い。

でも、手術台から降りると、実感!
景色が白くぼやけて虹掛かってる。
確かに、自分の目に何かが起こったのは間違いない様だ。

イントラレーザーの場合、フラップ生成後、暫く角膜が白く濁るので、回復するまでの間、再び待合室に行って待機する。


待機している間は視力はまだ回復してないし(角膜矯正してないので当たり前)白くぼやけて虹がかってて、ちと不安になる。

30分ぐらい待った所で、再び自分の名前が呼ばれる。
いよいよ視力矯正のエキシマレーザー照射だっ!!

イントラレーシック手術当日B
posted by 中度近視 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イントラレーシック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。