2007年08月26日

イントラレーシック後のハロ グレア2

今日もせっせとイントラレーシックのお勉強。
手術終わったってのにね。
まぁいいや。

ハロ・グレアは前回も書いたけど
加齢と共に瞳孔の開く範囲が狭くなり、ハログレアが無くなる。
もしくは
フラップと角膜の間に隙間(傷)があり傷の治癒と共に自然と消えていく

の2つの説があってどっちが正しいのか?
どっちも正しいのか?
どちらも正しくないのか?
前回では後者の「傷の治癒と共に自然と消えていく」だと思ってたんだけど、ちとまてよ、と。

イントラレーシックってのは角膜をレーザーで削って視力の矯正をする。
削る部分は再生しない。
再生してしまったら、折角角膜をレーザーで削部分も元に戻ってしまい、矯正効果も切れてしまうことになるから。

再生するのはフラップのフチの部分であって、レーザーを当てた部分は元のまま。
フラップとレーザーを当てた部分は永遠に結合しない訳だよね・・・再生しないんだもん。
図解するとこんな感じ

kakumakusaisei.gif

ということは、前回のエントリーの考察もあわせて考えると。

昼間でもヘッドライトが滲むので、瞳孔の開き具合はあまり関係さそう

フラップと角膜が結合すれば症状は起こらないだろう

残念、フラップはフチが再生・結合するだけでレーザーを当てた部分には関係ない。

一生ハロ グレアは直らない!?


う〜ん!?
でも、色々な体験談を見ると、時間の経過と共に良くなった!
ってのもあるし、時間がたてば気にならなくなる的な記事もある・・・・
こればっかりは時間が経たないと判らないかな!?
posted by 中度近視 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック後遺症・合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。