2007年11月30日

左目強打後一週間。

その際貰った点眼薬も欠かさずに差していた。
勿論でしょう。

その後3日目・4日目と左目の状態も日を追うごとに良くなって来ているものの、見え方はやはり少しモヤっているし
夜間のハログレアが右目よりも酷いのは変わらず・・・。

さて、1週間後、前回看て貰った病院に行く。

診察を受けると、角膜の傷自体は綺麗に治っているってことだったので一安心。
視力検査でも無事元の視力に戻っていた。

前回と同じように診察台に顔を乗せ、角膜の写真をパシャリ。

なるほど確かに前回有った傷は無くなっている。

そしてついでにレーシックの傷跡の事も教えてくれた。
フラップがくっついた所の一部分だけが白く濁っていて
これがレーシックを受けた痕ですよ〜と親切に教えてくれた。

やはり最新のイントラレーシックとはいえ傷跡は残るんだなぁと関心。

そして懸案であるハログレアの事を医師に聞いてみると
これ以上は個人差があるので解らない、時間がたてば回復してくるとは思うけど、レーシックを受けるとハログレアは有る程度仕方がない。

との事、確かに、手術後ハログレアは結構気になったけど
それも徐々に回復していった・・・・これ以上は時間の経過で癒えることを待つしかないか・・・・・。

早く右目並みに回復して欲しい所。

現在左目強打から3週間目・・・・
少しずつ良くなっている様な気がするものの
やはり左目だけ少し霞んで見えるのとハログレアが気になる。

右目のハログレアがほとんど無い状態なだけに余計に気になる・・・・。

この後も定期的に左目の様子をお伝えします。
では
posted by 中度近視 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イントラレーシック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。